生え際の抜け毛の原因

生え際の抜け毛の原因の本当の所は?ここでは生え際の抜け毛の原因について徹底調査しました。
MENU

生え際の抜け毛の原因はこれだ!

ハゲる兆候として抜け毛が起こるというものがあります。

 

 

抜け毛といえば・・・

 

 

頭皮を不潔にした結果、頭皮が荒れて

 

毛根が傷ついて起こるケース。

 

脱脂力の強いシャンプーの使い過ぎで過剰皮脂になり、

 

角栓様物質に雑菌がわいて、毛根が根腐れを起こして

 

抜け毛につながるケース、

 

あと、ストレスや栄養不足によって毛根の機能が

 

低下してしまうケース

 

 

抜け毛って上記のような原因で起こることがあります。

 

 

ただ、前髪の生え際や頭頂部が禿げてしまうほど

 

抜け毛が多いという場合、

 

 

殆どが男性型脱毛症という、成人男性になってから

 

起こる脱毛症の可能性が極めて高いです。

 

 

 

さて、男性の体内には、生殖機能を維持する働きがある

 

「テストステロン」という男性ホルモンがあります。

 

 

これが血液中に流れて細胞内に取り込まれると、

 

5αリダクターゼという還元酵素の作用によって

 

悪玉の男性ホルモンDHT(以下DHT)に変換させられるんですね。

 

 

 

この5αリダクターゼは、皮脂腺や毛乳頭に数多く存在し、

 

遺伝により5αリダクターゼの活性が強い人は必然的に

 

DHTがたくさん作られてしまう体質になるそうです。

 

 

原則、DHTがたくさん作られるほど抜け毛が増えたり

 

薄毛になる確率は上がるのは言うまでもありませんが、

 

 

このDHTが悪さをするのは遺伝によるところが大きい。

 

 

つまりDHTに対する男性ホルモン受容体の感受性

 

というものが遺伝によって決まっており、

 

感受性が低ければDHTがたくさん作られても薄毛にはなりません。

 

 

逆にDHTに対する感受性が高い人はDHTの量が少なくても

 

薄毛になりやすいですし、

 

感受性が高く、なおかつDHTの量が多ければこれはかなりやばい

 

という事になりますね。

 

 

 

ちなみに、DHTを受け取る男性ホルモン受容体が存在するのは

 

前頭部と頭頂部だけであり、後頭部や側頭部がハゲないのは

 

男性ホルモン受容体がないからです。

 

 

薄毛のメカニズムと攻めるべきポイント

 

 

まず、先程もお伝えしたように

 

通常の男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくと

 

悪玉の男性ホルモンDHTが発生します。

 

このDHTと男性ホルモン受容体が結びつき、

 

遺伝子に作用した結果、

 

@感受性が低い人は成長因子が増えて髪の毛がそのまま成長します。

 

A感受性が高い人は脱毛因子TGF-β-1が増えて薄毛になります。

 

 

男性ホルモンDHTが薄毛の根本原因と言われているのは、

 

脱毛因子が増えるきっかけになるからですね。

 

 

 

さて、脱毛因子TGF-β-1について調査してみましたが、

 

こちらは潜在型の脱毛因子であり、ある一定量を超えると

 

髪の毛の成長を極端に抑えこんでしまう物質だそうです。

 

 

なので、本当に抜けない頭皮環境を作るなら、

 

薄毛の先駆けとなる男性ホルモンDHTを抑え、

 

最終の脱毛指令を下す脱毛因子TGF-β-1まで抑え込まなければ

 

発毛環境は整わないと思ったほうが良いかもしれません。

 

 

 

日々、脱毛因子にさらされているうちは抜け毛は止まりませんし、

 

産毛も伸びない、生え際も薄いままかもしれませんね。

 

薄毛の人が発毛環境を整えるのはフサフサの人より

 

極めて大変、DHTと脱毛因子の両方を抑えてはじめて

 

発毛環境って整うんですね。

 

ちなみに、

 

管理人は脱毛因子対策をやらずに前髪を復活させましたけどね。

 

管理人が実践した方法もこのサイトではお伝えしますが。

 

このページの先頭へ